リフォーム実例

今お持ちの着物が着られない…。
落ちないシミやカビがある…。
色や柄が派手になった…。
お母様の思い出の着物を、もう一度着たい。

イチコクヤがもう一度着られるようにリフォームいたします。
きものが生まれ変わります。
イチコクヤのきものクリニックへ是非お気軽にご相談ください。

リフォーム例

振袖の右半分の地色と模様の色彩を変えてリフォームしました。【写真】リフォーム実例(振袖の右半分の地色と模様の色彩のリフォーム)

付下げの地色と模様の色彩を変えてリフォームしました。【写真】リフォーム実例(付下げの地色と模様の染め替え)

お客様 リフォーム実例

イチコクヤが各種技術をミックスして、もう一度着物を着ていただきたいという気持ちを込めたトータル加工です。着物が生き返ります。

昔作ったピンク色の鮫小紋袷:御自分でもう一度着たい

状態・ご要望

【写真】リフォーム実例(着物表地の染め色を抜いて、現在お似合いの色無地に染め替え)

  • 色が派手で着られない
  • 鮫小紋柄でないものを着たい
  • 胴裏がカビで黄変している
  • 体型が変わって寸法が合わない

御対応

  • 着物を解いて、表地と八掛の洗いをして、表地と八掛の染め色を抜いて、表地はお客様御希望の色無地に染め替え、八掛地も色無地と同色へ染め替えた
  • お客様の最新寸法の袷着物へお仕立て直し、その際に胴裏はご新調したものを用いた
  • 背中に縫い紋を一つつけた
  • 解いた胴裏はそのままお客様へお返しした
  • 裏地のカビ黄変も気にならず、ご新調同様にもう一度着物を着ることができました

写真の説明

  • 左はピンク色の鮫小紋。虫めがねで拡大をすると鮫模様がわかります。左袖の矢印は、袖を裏返したところ胴裏がカビで黄変していました。袖だけでなく全体が黄変していました。
  • 右は紫色の色無地に染め直しました。胴裏を新調をしたのできれいになりました。

男物正絹紬袷:御主人様の着物をご子息様へプレゼントしたい

状態・ご要望

【写真】リフォーム実例(お父様の着物を息子さんへプレゼントのためお仕立て直し)

  • ご子息様は御主人様よりもかなり大柄な体格
  • 着物全体にカビがあり、着物地に「くたびれ感」があり、特に衿が汚れている
  • きものの胴裏の幅が狭くて、お仕立て直しで着物の裄を広くできないかもしれない

御対応

  • 着物を解いて、表地を洗い張りしたら、全体のカビと「くたびれ感」はほとんど取れたが、衿の汚れは完全に落ちなかった
  • 袷へのお仕立て直しは、着物地の表側にしていた方よりも裏側にしていた方がきれいなので、生地の「表」と「裏」を入れ替えて、着物の丈は前より長く、裄も前より広くして、広幅の胴裏を新調してお仕立てを
  • 解いた胴裏はそのままお客様へお返しした
  • ご子息様はお父様が着ておられた思い出のある着物を、御自分の寸法で着ることができました

写真の説明

  • 洗い張りを終えた紬生地です。衿の部分を虫めがねで拡大すると、衿の汚れが完全に落ちませんでした。しかし衿の裏側はきれいなので、生地の「表」と「裏」を入れ替えて仕立てます。

お母様から頂いた小紋袷:御自分で着たい

状態・ご要望

【写真】リフォーム実例(丸洗いでシミを落とす。落ちないシミは模様を足してリフォーム)

  • お母様と寸法がほとんど同じなのでそのまま着られる
  • 衽(おくみ)に目立つシミが2箇所あり、気になる

御対応

  • 1箇所はしみ抜きで落ちたが、もう1箇所はしみ抜きでも完全に落ちそうにないので、上から模様を描き足してカモフラージュ。これで安心して着られました

写真の説明

  • 着物の衽(おくみ)の部分ですが、黄色丸の箇所はシミが落ちました。赤丸の箇所は上から模様を足しました。

若い頃の紬地の袋名古屋帯:御自分でもう一度締めたい

状態・ご要望

【写真】帯のリフォームの例(織り八寸帯全体に上から色をかけ落ち着いた色の帯にリフォーム)

  • 地色や花の色が全体的に派手
  • 模様は気に入っている

御対応

  • 模様はそのままに帯全体に模様も含めて上から色を掛けて、全体を落ち着いた雰囲気にリフォームしました

写真の説明

  • 写真は帯のお太鼓柄の箇所です。

若い頃の訪問着:御自分でもう一度着たい

状態・ご要望

【写真】リフォーム実例(20代の頃の訪問着をもう一度きるために地色色かけ染めなどで落ち着いた印象にリフォーム)

  • 柄はお気に入り
  • 柄の赤色が派手に感じる

御対応

  • 模様はそのままに、地色を金茶色に色かけ染めを、模様の赤を紫色に彩色加工を。同時にお客様の最新寸法へお仕立て直しも。雰囲気を落ち着いた感じへガラリとリフォームしました

写真の説明

  • 上は着物の全体写真、下は衽(おくみ)の蝶の拡大写真です。

そのほか帯のリフォームなど

ここでご紹介しているリフォーム実例以外にも、数々のリフォームの実績がございます。お客様にぴったりのリフォームを御提案いたします。

たとえば、小紋生地を、染め名古屋帯や二部式帯へ、リフォームすることもできます。
また、昔の丸帯から、袋帯、名古屋帯、二部式帯など、合計2本の帯を作ることもできます。
昔の丸帯は大抵のものが現代の袋帯より長さが短く、また中には柄付けが途中から反対になっているものもあります。まずは丸帯を拝見して、それからリフォームの御提案をいたします。

イチコクヤ自信のきもの【イチコクヤでは、あらゆる着物が揃います】