新着情報

2018/09/06

9月6日は黒染めの日
























本日9月6日は黒染めの日

黒地の着物は五つ紋を入れることで、黒留袖・黒紋付と最上格のフォーマル着になります。

着物を着て式に並ぶと、黒色の深さの違いがわかると言われております。

深い黒地に染められることが染物職人の腕の確かさを示すとも言われています。

9.6(クロ)の語呂合わせから、

京都墨染工業協同組合が伝統染色の黒染めをPRするために制定した日です。

着物のフォーマル着、黒留袖や黒喪服(紋付)を、

京都から発信して全国・世界へ普及を図ります。
戻る