新着情報

2018/11/10

ゑびす講とは











年に1回イチコクヤが「感謝」と「願い」を込めておおどけする大感謝セールです。

着物や帯、襦袢、男物などを数多く揃え、この時ばかりは日頃の感謝の気持ちを込めて、「ソロバン」はじいて「お勉強」をさせていただきます。

恵比寿講の由来

ゑびす様大阪の今宮夷神社では、十月の祭礼に伴い商家で割り引きセールを行った習わしが「恵比寿講」の始まりと言われています。

それが各地へひろがり、現在では伝統を重んじるきもの屋など、各地の繊維業者が「ゑびす講」を催しております。

イチコクヤも伝統行事として「恵比寿講」を大切に育てております。

呉服屋は、呉服の五福(繁栄、長寿、健康、開運、出世)をお届けする商いであり、イチコクヤはその五福に加えて、「感謝」と「願い」を志しております。 五福に繋がる縁起の良い品物を、一年間の「感謝」の気持ちを込めてお返しするという気持ちを込め「大サービス」という形で「恵比寿講」を開催しております。

お客様には、お正月はきものを着て五福を迎えていたくためイチコクヤが心をこめてお手伝いさせていただきます。
戻る